Windows10 識別されていないネットワークと表示されネットワークに接続できない

確認:2019年3月

Windows10で識別されていないネットワークと表示されて、通常使用しているネットワークに突然接続できなくなった。
その際の対応をメモ。

<試した対処法>

LANケーブルや通信機器の確認
→ 問題なし

IPアドレス等の設定確認
→ 問題なし

デバイスマネージャーでネットワークアダプターの確認
→ 問題なし

裏でWindows Update が動作していたので、詳細設定→更新の一時停止と設定してPC再起動
→ 効果なし

該当ネットワークアダプターを右クリック→診断
→ 解決せず

ネットワークのトラブルシューティング実行
→ 解決せず

該当ネットワークアダプターをいったん無効にして有効に戻す
→ 効果なし

 

<解決した対処法>

Windowsの完全シャットダウン

スタートボタンクリック

電源クリック

shift を押しながらシャットダウンクリック

念のため電源ケーブルを抜いて数分放置

その後 PC起動で、通常通りネットワークへ接続できました。


ファイルの自動削除

確認:Windows10 2019年2月

指定したフォルダの一定日数経過したファイルやフォルダを自動削除する方法。

forfilesコマンドでパスと最終更新日時からの経過日数を指定し該当するファイルやフォルダを削除するバッチファイルを作成します。

バッチファイルの内容
forfiles /P C:\XXX\xxx /D -30 /C “cmd /C IF @isdir==TRUE rmdir /S /Q @file”
forfiles /P C:\XXX\xxx /D -30 /C “cmd /C del /F /S /Q @file”

<解説>
対象としたいフォルダのパスにあわせ「C:\XXX\xxx」の部分を変更
「/D -30」で最終更新日時から30日以上経過という指定
状況に合わせて日数30の部分を変更
1行目は該当フォルダ削除のコマンド実行
2行目は該当ファイル削除のコマンド実行

上記で作成したバッチファイルを
バッチファイルを定期的に実行
を参考に1日1回やPC起動時などに実行するよう設定。

<参考>
誤った指定で必要なファイルまで削除してしまわないよう、コマンドプロンプトで
forfiles /P C:\XXX\xxx /D -30
※パス(C:\XXX\xxx)、日数は要編集
を実行すると、削除対象のファイルやフォルダが表示されますので事前に確認の上、設定をお願いします。