batファイルをダブルクリックで管理者として実行する方法

対象:Windows10 確認:2018年11月

先の投稿、パソコンのIPアドレスなどTCP/IPのパラメータを簡単に変更する方法で batファイルを右クリック → 管理者として実行 と記述していますが、ダブルクリックで管理者として実行する方法をメモ。

該当batファイルのショートカットを作成

作成したショートカットを右クリック

プロパティをクリック

ショートカットタブが開かれていなければ選択

詳細設定をクリック

管理者として実行のチェックを入れる

OKクリック

以上でこのショートカットをダブルクリックすることでbatファイルが管理者として実行される。


パソコンのIPアドレスなどTCP/IPのパラメータを簡単に変更する方法

対象:Windows10 確認:2018年11月

ネットワーク設定作業に使用するパソコンで、環境に合わせて頻繁にIPアドレス等のTCP/IPのパラメータの変更が必要な場合、

設定

ネットワークとインタネット

アダプターのオプションを変更する

イーサネット

インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)

と進み必要なパラメーターを入力とかなり手順が多く、これを簡略化した対処法。

netfishコマンドでパラメーターの設定が可能なので、これを記載したbatファイルを実行することで対応。

デスクトップに
dhcpにする場合の「dhcp.bat」
固定IP指定の場合の「ip.bat」
を準備。

dhcp.batの内容
netsh interface ipv4 set address “イーサネット” dhcp
※”イーサネット”はアダプターの名称によって変更

ip.batの内容
netsh interface ipv4 set address “イーサネット” static 192.168.11.1 255.255.255.0 192.168.11.254
netsh interface ipv4 set dns “イーサネット” static 192.168.11.254 primary
※static以降は接続するネットワークに合わせた値で
1行目:IPアドレス サブネットマスク デフォルトGW
2行目:プライマリーDNS

dhcpにしたい場合はdhcp.batを右クリック

管理者として実行

IP指定の場合はip.batを右クリック

編集と進みパラメーターを書換え保存

右クリック

管理者として実行