2022年1月11日のWindows Update Windows sever のDCで不具合?

2022年1月11日配布のWindows Update を適応後、ドメインコントローラ(DC)機能を有するWindows severで再起動を繰り返す等の不具合が確認されている模様。

該当情報
Windows Server 2012 KB5009586
Windows Server 2012 R2 KB500962
Windows Server 2019 KB5009557
Windows Server 2022 KB5009555

イベントビューアに以下のような記載
—–
次の理由で、プロセス wininit.exe は、ユーザー の代わりに、コンピューター *** の 再起動 を始めました: この理由のタイトルが見つかりません
理由コード: 0x50006
シャットダウンの種類: 再起動
コメント: システム プロセス ‘C:\Windows\system32\lsass.exe’ は、状態コード 255 で突然終了しました。システムをシャットダウンし、再起動します。
—–

実際に確認した事項:Windows server 2012 のDCで原因不明の複数回の再起動。

現状、KB5009586をアンインストールし、Windows Update を確認しない設定とし、様子見の状態。

追記:アンインストール後、再起動を繰り返す不具合は解消、動作も安定した。Windows Updateの再開は今後検討。

対応は自己責任でお願いします。

NASに接続できない

対象:Windows10 確認:2021年10月

SMB1.0を有効にしていても
参考:Windows 10 Fall Creators Update 適応以降一部のNASに接続できない
同一ネットワーク内のNASに接続できない事象が発生。

以下の手順で解消。

① Windowsキー+R押下

②「gpedit.msc」と入力し「OK」クリックし「ローカルグループポリシーエディタ」起動

③「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「ネットワーク」→「Lanman ワークステーション」へ進む

④「安全でないゲストログオンを有効にする」をダブルクリック

⑤「有効」選択→「OK」クリック

⑥グループポリシーエディタに戻る

⑦「コンピュータの構成」→「Windowsの設定」→「セキュリティの設定」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」

⑧「Microsoftネットワーククライアント: 常に通信にデジタル署名を行う」をダブルクリック

⑨「有効」選択→「OK」クリック

ワイヤレスマウス 動きが悪い

確認:2021年4月

logicool製のUSB2.0のワイヤレスマウスで、レシーバーとの距離が離れていない場合でも動きが悪い、カーソルが飛ぶなどの現状が発生。その対処法をメモ。

USB3.0の機器と併用するとこのような現状が発生することがあるとのこと。

レシーバーをPCのUSB端子に直接接続するのではなく、USB延長ケーブルやUSBハブなどを通して接続することで解消。

HPモニター HDMI入力 映らない

確認:2021年2月

HPのモニター(HP 24fw Audio)でHDMI入力が信号なしとなり映らなくなった。
VGAで接続すると問題なし。
同じPC+同じケーブルで別のHDMIモニターに接続すると問題なし。

HDMI入力の故障と思い、修理の相談でHPサポートに電話したところ、試していただきたいことがとのこと。

モニターに接続しているHDMIケーブル、アダプターなどを全て外す。
 ↓
電源ボタンを15秒以上押し続ける。
 ↓
元に戻して確認。

PCと接続して起動したところ、問題なく表示された。
上記操作で内部のコンデンサ?にたまった電気が放電され、不具合が解消されることがあるとのこと。

これで解消されないときは、設定のリセット(初期化)で復帰することもあるそうです。

PowerPoint ライセンス認証で0x8007232Bエラー

確認:2020年11月 対象:Windows10 PowerPoint2013

PowerPointインストール後の初期起動時にプロダクトキーを入力する画面が表示されず、「ライセンス認証ウィザード」が表示され、「ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う(推奨)」を選択してみたところ、0x8007232Bでエラーとなった。その際の対処法をメモ。

①コントロールパネルを起動

②プログラム → プログラムのアンインストールをクリック

③「Microsoft PowerPoint 2013」 をクリックで選択し「変更」クリック

④インストールオプションが表示されるので「プロダクトキーを入力」を選択し「続行」クリック

⑤プロダクトキーを入力し「続行」クリック

⑥インストールの種類を選択してくださいで「続行」クリック

これ以降は通常通りライセンス認証が可能。