TeraStation 市販のHDDで容量アップ

確認:2019年10月

TeraStationのHDDを市販のHDDへ入れ替えて容量アップした手順をメモ。

機種:TS3200D 2ドライブモデル
1TB×2のRAID1で容量1TBで使用していたものを、市販の4TB×2のRAID0で合計容量8TBへ変更。

実施した手順

①保存データをバックアップ

②WEB設定画面から初期化 → IPアドレス設定

③WEB設定画面からディスク2を取り外し処理

④ディスク2(1TB)を取り出し市販の4TBディスクを装着

⑤LCDのメッセージに従いFUNCTIONボタンを長押し → ディスク2のフォーマット開始

⑥フォーマットは完了したがRAIDに組み込まれなかったのでRAIDアレーをいったん削除

⑦WEB設定画面からディスク1を取り外し処理

⑧ディスク1(1TB)を取り出し市販の4TBディスクを装着

⑨LCDのメッセージに従いFUNCTIONボタンを長押し → ディスク1のフォーマット開始

⑩フォーマット完了後、RAID0でRAIDアレーを新規作成

⑪各種設定を再度実施しバックアップデータを戻す

TS3200Dは4TBのHDDを搭載したモデルがなかったので認識するか心配でしたが、上記手順で合計8TBで設定できました。

対応は自己責任でお願いします。

Windows10 時刻同期の間隔を変更

対象:Windows10 確認:2019年10月

Windows10のPCでNTPサーバーから時刻同期を実施する間隔(周期)を変更する方法をメモ。

時刻同期するNTPサーバーの設定は

「コントロールパネル」 → 「日付と時刻」 → 「インターネット時刻」タブ から設定可能。

また、「設定の変更」をクリックし「今すぐ同期」を実施すると次回の同期時刻が表示されますが、標準では24時間になっています。

この間隔(周期)を短く設定するには、

①Windowsキー+R 押下で「ファイル名を指定して実行」画面を起動

②「regedit」と入力し「OK」クリックで「レジストリエディター」を起動

③HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient まで移動

④「SpecialPollInterval」をダブルクリック

⑤10進数を選択して値(秒数)を変更 標準24時間:86400 例:6時間なら21600

⑥「OK」クリックで決定

設定反映は上記、「設定の変更」→「今すぐ同期」で確認可。

 

レジストリの変更は自己責任でお願いします。