Windows10 April 2018 Update 適応以降 リモートデスクトップで接続できない

対象:Windows10 確認:2018年7月

Windows10 April 2018 Update (バージョン1803)適応以降、リモートデスクトップで「認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません」というエラーが出て、接続できない場合の対処法。

解決策としては、接続先の端末にも最新のアップデートを適応することで接続可能となるようです。

回避策としては、セキュリティの問題が残るとのことですが、以下の方法で接続可能となります。

①Windowsキー + Rを押し「ファイル名を指定して実行」を起動

②「regedit」と入力してOKクリックで「レジストリエディター」を起動

③コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\CredSSP\Parameters を選びます。

④AllowEncryptionOracleをダブルクリックし、値を2に変更。

レジストリの変更は自己責任にてお願いします。


「Windows10 April 2018 Update 適応以降 リモートデスクトップで接続できない」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。