リカバリパーティションなどに割当てられたドライブレターの削除

対象:Windows10 確認:2020年11月

Windows Update 実行後などに非表示だったリカバリパーティションなどにドライブレターが割当てられ、エクスプローラーで表示されることがあります。これを非表示にする方法をメモ。

①スタートボタン右クリック → 「ディスクの管理」を起動

②当該のパーティションを右クリック → 「ドライブ文字とパスの変更」クリック

③非表示にしたいドライブレターが選択されていることを確認し「削除」をクリック

④確認ダイアログが表示されるので内容を確認し「はい」をクリック

以上で非表示となりますが、②で「ドライブ文字とパスの変更」が表示されない場合は「ディスクの管理」を終了し以下を実施

⑤「コマンドプロンプト」を起動

⑥「diskpart」と入力しenter押下で「diskpart」を起動

⑦「list volume」と入力しenter押下でボリュームリストを表示

⑧非表示としたいボリュームレターが割当てられているvolumeの番号を確認

⑨「select vplume=?」(?は⑧で確認した番号)と入力しenter押下で選択

⑩「remove letter=?」(?は非表示としたいボリュームレター)と入力しenter押下で非表示となる

⑪「exit」と入力しenter押下で「diskpart」が終了します

使用中のパーティションのボリュームレターを削除しないようご注意ください。