カテゴリー別アーカイブ: Office

Excel 選択したセルを編集モードにする

確認: Windows10 Excel2007 2010 2013 2017年1月

Excelでセルを選択した状態で文字を入力すると、既に入力されていた文字は上書きされる。

一部訂正したい際にセルを編集モードにするには、

①当該セルをダブルクリック

②当該セルを選択した状態で数式バーをクリック

が、一般的であるが、連続して多数のセルの内容を修正したい場合はマウス操作が煩雑となる。

そのような場合に有効な方法、

③当該セルを選択した状態でF2ボタンを押す

 

Excel マクロが動作しない

確認:Windows7 2016年12月

Excelでマクロが動かない等の不具合が発生した場合、以下の手順で改善の可能性有。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Excel

内のExcel○○.xlbを削除。 ※○○はバージョンによる数字

プリインストール Office の再インストール手順

確認:2016年12月

Office プリインストールのPCでOSリカバリーを実施した際、Officeの再インストールが必要となります。

最近はプロダクトキーが記載されたカードのみが付属しており、インストールディスクが付属していないケースが多いので、Officeもインストーラーのダウンロードが必要となります。

その手順をメモ。

Officeのダウンロードサイト へブラウザでアクセス

②マイクロソフトアカウントでログイン

③プロダクトキーを入力

④国と言語を選択し「今すぐダウンロード」をクリック

⑤メッセージが表示されたら「実行」をクリック

以上、でインストールが開始されます。

PowerPoint2007 使用されている暗号化の種類が無効です

確認:Windows7 Office2007 2016年11月

PowerPoint2007でパスワード設定されたファイルを開こうとした際、「使用されている暗号化の種類が無効です」などのエラーが出て開けない場合の対処法。

Excel、Wordなども含めOffice2010以降でパスワード設定(暗号化)されたファイルをOffice20007で開くにはSP2以降の適応が必要とのこと

Windows7 Windows Updateの取得する更新プログラム:Windowsの更新プログラムのみ

を参考にOfficeのアップデートも有効にし、Windows Updateを実行することにより解決。

Excel 前回保存された後、他のユーザーによって変更された可能性があります

確認:Windows10 Office2010 2016年11月

サーバー等で共有されたExcelファイルを保存しようとした際、

「前回保存された後、他のユーザーによって変更された可能性があります」という記載と                 「コピーを保存する」「変更を上書きする」を確認するメッセージが表示される場合の対処法。

 

Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行表示もしくは検索から「regedit」と入力してレジストリエディターを起動。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\14.0\Excel\Options

※Excel2007:12.0 Excel2013:15.0等で同様と思われる

と進み 編集 → 新規  → DWORD 値 を選択して名前にQFE_Saskatchewan と入力。

ダブルクリック→値のデータ「2」を入力してOK をクリック

PC再起動。

※レジストリの編集は自己責任でお願いします。

Windows10 Excelの表示が崩れる、おかしい

対象:Windows10 確認:2016年10月

Windows10 のAnniversary Updateが適応された後Excelの表示がおかしくなることがある対処法。

現象:背景色やフォームがあるセルが黒く塗りつぶされるなど、表示がおかしくなるものの、データは問題なくスクロール等で復帰する。

スタートボタン → 設定(歯車マーク) → デバイス

と進み「Windowsで通常使うプリンタを管理する」をオフとする

Excel再起動。