プリインストール Office の再インストール手順

確認:2016年12月

Office プリインストールのPCでOSリカバリーを実施した際、Officeの再インストールが必要となります。

最近はプロダクトキーが記載されたカードのみが付属しており、インストールディスクが付属していないケースが多いので、Officeもインストーラーのダウンロードが必要となります。

その手順をメモ。

Officeのダウンロードサイト へブラウザでアクセス

②マイクロソフトアカウントでログイン

③プロダクトキーを入力

④国と言語を選択し「今すぐダウンロード」をクリック

⑤メッセージが表示されたら「実行」をクリック

以上、でインストールが開始されます。

Windows10のスタートアップフォルダ

対象:Windows10 確認:2016年12月

Windows起動時に自動起動するプログラムをショートカットを配置することで指定できる「スタートアップフォルダ」がWindows10ではスタートボタンからアクセスできなくなった。

「スタートアップフォルダ」の場所は、

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

となっており、エクスプローラーでアクセスすることも可能だが階層が深く手間がかかる。

※AppData以降はメニューバーの表示から隠しファイルを表示する設定も必要。

しかしながら、以下の手順で比較的簡素にアクセスが可能。

①Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行表示

②shell:startup と入力しOKをクリック

既定のプログラムの関連付けの「ファイルを開くプログラムの選択」でexeファイルが指定できない

対象:Windows7 確認:2016年11月

拡張子の規定のプログラムの関連付けを行おうとして「ファイルを開くプログラムの選択」で特定のexeファイルを指定できない場合の対処法。(今回は.pptxでPOWERPOINT.EXEが指定不可)

Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行表示、もしくはスタート → プログラムとファイルの検索に「regedit」と入力してレジストリエディターを起動。

HKEY_CLASSES_ROOT → Applications と進み、

該当のEXE(今回はpowerpoint.exe)を右クリック → 削除

以上で指定可能となります。

※レジストリの編集は自己責任でお願いします。

PowerPoint2007 使用されている暗号化の種類が無効です

確認:Windows7 Office2007 2016年11月

PowerPoint2007でパスワード設定されたファイルを開こうとした際、「使用されている暗号化の種類が無効です」などのエラーが出て開けない場合の対処法。

Excel、Wordなども含めOffice2010以降でパスワード設定(暗号化)されたファイルをOffice20007で開くにはSP2以降の適応が必要とのこと

Windows7 Windows Updateの取得する更新プログラム:Windowsの更新プログラムのみ

を参考にOfficeのアップデートも有効にし、Windows Updateを実行することにより解決。

Windows7 Windows Updateの取得する更新プログラム:Windowsの更新プログラムのみ

対象:Windows7 確認:2016年11月

Windows7でWindows Updateの取得する更新プログラムが「Windowsの更新プログラムのみ」となっており、他の Microsoft製品が更新対象となっていない場合の対処法。

 

スタートボタン → すべてのプログラム → Windows Update とクリックしWindows Updateを起動

「その他のマイクロソフト製品の更新プログラムを入手します」下の「詳細情報の表示」をクリック

IEが起動したら「Microsoft Updateの使用条件に同意します」にチェックを入れてインストールボタンをクリック

※ここで「Microsoft Updateの使用条件に同意します」やインストールボタンが表示されない場合は「ツール」→「互換表示設定」とクリックし互換表示設定に「microsoft.com」を追加

ユーザー アカウント制御画面が表示されたら「はい」をクリック

「Microsoft Update は正しくインストールされました」と表示され、Windows Updateの取得する更新プログラムが「Microsoft Update からの Windows と他の製品」となっていれば完了。

Windows10 起動時のNumLock

対象:Windows10 確認:2016年11月

Windows10起動時にNumLockがオフになる場合の対処法。以下のいづれか1つだけでも改善の可能性あり。

①BIOS設定で起動時のNumLockをオンとする

②高速スタートアップを無効にする             コントロールパネル→システムとセキュリティ→電源オプション→電源ボタンの動作を選択する と進み          「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック    「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す 「変更の保存」をクリック

③レジストリ設定変更 HKEY_USERS→.DEFAULT→Control Panel→Keyboard と進み InitialKeyboardIndicators の値を2147483648 から 2147483650 へ変更

PC再起動。

※レジストリの編集は自己責任でお願いします。

Excel 前回保存された後、他のユーザーによって変更された可能性があります

確認:Windows10 Office2010 2016年11月

サーバー等で共有されたExcelファイルを保存しようとした際、

「前回保存された後、他のユーザーによって変更された可能性があります」という記載と                 「コピーを保存する」「変更を上書きする」を確認するメッセージが表示される場合の対処法。

 

Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行表示もしくは検索から「regedit」と入力してレジストリエディターを起動。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\14.0\Excel\Options

※Excel2007:12.0 Excel2013:15.0等で同様と思われる

と進み 編集 → 新規  → DWORD 値 を選択して名前にQFE_Saskatchewan と入力。

ダブルクリック→値のデータ「2」を入力してOK をクリック

PC再起動。

※レジストリの編集は自己責任でお願いします。

Windows10 Excelの表示が崩れる、おかしい

対象:Windows10 確認:2016年10月

Windows10 のAnniversary Updateが適応された後Excelの表示がおかしくなることがある対処法。

現象:背景色やフォームがあるセルが黒く塗りつぶされるなど、表示がおかしくなるものの、データは問題なくスクロール等で復帰する。

スタートボタン → 設定(歯車マーク) → デバイス

と進み「Windowsで通常使うプリンタを管理する」をオフとする

Excel再起動。

「印刷中のジョブがあります」エラーでプリンタドライバのインストール・アンインストールができない

対象:Windows10 確認:2016年10月

プリンタドライバのインストール・アンインストール時、   デバイスとプリンターからジョブは確認できないものの

「印刷中のジョブがあります」のエラーで止まる場合の対処法。

 

スタートボタン右クリック → コンピュータの管理を起動

サービスとアプリケーション → サービスを選択

「Print Spooler」を右クリック → 停止

C:\Windows\System32\spool\PRINTERS の中身をすべて削除

上記サービス画面の「Print Spooler」を右クリック → 開始

PC再起動。

DVDドライブが認識されない

対象:Windows7 確認:2016年10月

エクスプローラーでDVDドライブが表示されない       BIOS画面では認識されている                デバイスマネージャーでエラー表示が出ている場合の対処法。

スタートボタン → プログラムとファイルの検索にregeditと入力 → ENTER押下しレジストリエディター起動

以下まで移動

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e965-e325-11ce-bfc1-08002be10318}

「UpperFilters」「LowerFilters」があれば右クリックして削除し

PC再起動。

※レジストリの編集は自己責任でお願いします。