ファイルの自動削除

確認:Windows10 2019年2月

指定したフォルダの一定日数経過したファイルやフォルダを自動削除する方法。

forfilesコマンドでパスと最終更新日時からの経過日数を指定し該当するファイルやフォルダを削除するバッチファイルを作成します。

バッチファイルの内容
forfiles /P C:\XXX\xxx /D -30 /C “cmd /C IF @isdir==TRUE rmdir /S /Q @file”
forfiles /P C:\XXX\xxx /D -30 /C “cmd /C del /F /S /Q @file”

<解説>
対象としたいフォルダのパスにあわせ「C:\XXX\xxx」の部分を変更
「/D -30」で最終更新日時から30日以上経過という指定
状況に合わせて日数30の部分を変更
1行目は該当フォルダ削除のコマンド実行
2行目は該当ファイル削除のコマンド実行

上記で作成したバッチファイルを
バッチファイルを定期的に実行
を参考に1日1回やPC起動時などに実行するよう設定。

<参考>
誤った指定で必要なファイルまで削除してしまわないよう、コマンドプロンプトで
forfiles /P C:\XXX\xxx /D -30
※パス(C:\XXX\xxx)、日数は要編集
を実行すると、削除対象のファイルやフォルダが表示されますので事前に確認の上、設定をお願いします。


バッチファイルを定期的に実行

確認:Windows10 2019年2月

決まった処理のバッチファイルを定期的に実行したい場合、
タスクスケジューラで決まったタイミングで実行できます。

(1)タスクスケジューラの起動
検索ボックスに「タスク」と入力し表示される「タスクスケジューラ」をクリック
もしくは
windowsキー+R押下 「ファイル名を指定して実行」を起動
「taskschd.msc /s」と入力し「OK」クリック

(2)左の「タスク スケジューラ ライブラリ選択」

(3)右の「基本タスクの作成」クリック

(4)起動したウィザードで任意に名前を入力し「次へ」クリック

(5)実行したいタイミング「毎日」「コンピューターの起動時」などを選択し「次へ」クリック

(6)開始日時 間隔 などを指定し「次へ」クリック

(7)「プログラムの開始」を選択し「次へ」クリック

(8)「参照」クリックし実行したいbatファイルを指定

(9)「完了」クリックで登録され、中央のリストに追加される

1日未満(1時間ごと)などでの繰り返しはいったん「毎日」で登録し、中央のリストから
右クリック → プロパティ → トリガー → 編集 で間隔を編集可能