NVR500 + フレッツVPNワイドでのVPN環境構築

確認:2018年10月

ルーター:YAMAHA NVR500
回線:フレッツVPNワイド
を用いて構築したVPN環境の設定方法をメモ。

■構築環境
センター
ネットワークアドレス:192.168.11.0/24
GWルーター:192.168.11.254
VPNルーター:192.168.11.253

拠点1
ネットワークアドレス:192.168.12.0/24
VPNルーター:192.168.12.254

拠点2
ネットワークアドレス:192.168.13.0/24
VPNルーター:192.168.13.254

※拠点からのインターネット接続はセンターのGWルーター経由

■各VPNルーターのLANの設定を適宜実施
センターVPNルーターはデフォルトGWがGUIで設定できないので、詳細設定と情報 → コマンドの実行と進み以下を設定
ip route default gateway 192.168.11.254

■各VPNルーターのプロバイダ設定
『PPPoEを用いる端末型ブロードバンド接続(フレッツ 光ネクスト、Bフレッツなど)』
設定名:任意
ユーザーID、接続パスワード:VPNワイドの指定内容
MTU:自動
キープアライブ:使用する
DNS:環境に合わせて設定
宛先アドレス:その他 VPNワイドで割り当てられるIPアドレス範囲を指定
例:東日本192.168.100.0/24 東日本192.168.101.0/24 東西接続192.168.100.0/23

■センターVPN接続設定 拠点1向け
『IPIPトンネルを使用したネットワーク型LAN間接続』
設定名:任意
接続先のIPドレス:拠点1 VPNワイドの割当アドレス(東日本の例192.168.100.2)
接続プロバイダ:1
キープアライブ:使用する
経路情報:その他の経路 192.168.12.0/24

■センターVPN接続設定 拠点2向け
『IPIPトンネルを使用したネットワーク型LAN間接続』
接続先のIPドレス:拠点2 VPNワイドの割当アドレス(東日本の例192.168.100.3)
経路情報:その他の経路 192.168.13.0/24
その他同上

■拠点VPN接続設定 センター向け
『IPIPトンネルを使用したネットワーク型LAN間接続』
設定名:任意
接続先のIPドレス:センターVPNワイドの割当アドレス(東日本の例192.168.100.1)
接続プロバイダ:1
キープアライブ:使用する
経路情報:デフォルト経路、その他の経路 192.168.11.0/24

※センターのGWルーターに拠点向けのルーティング情報追加
ip route 192.168.12.0/24 gateway 192.168.11.253
ip route 192.168.13.0/24 gateway 192.168.11.253


NVR500でDHCPのリース時間を設定する方法

確認:2018年9月

YAMAHAのルーター NVR500 が便利でよく使用しますが、DHCPサーバーとして使用した際、簡単設定ページからはリース時間の設定ができず、標準で72時間となっています。これを変更する手順をメモ。

①簡単設定ページの「詳細の設定と情報」→「LANの設定」から識別番号、範囲、マスクを設定する。

②簡単設定ページの「詳細の設定と情報」→「本製品の全設定(config)のレポート作成」から設定情報を表示し、dhcp scope と書かれた行を探す。
※標準では dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

③この行を選択してコピー

④簡単設定ページの「詳細の設定と情報」→「コマンドの実行」と進み、先ほどコピーした行を貼り付け。

⑤上記の後にスペースを入力して以下を追加
expire hh:mm maxexpire hh:mm
※hh:mmは時:分 12時間の場合12:00

⑥設定の確定をクリック